フットボールゾーンWeb

宇佐美、新天地デビュー戦を総括 出番もこぼれ球も“予期済”「準備はできていた」

0コメント 2017/09/12(火)15:20:52 Football ZONE WEB

投稿者:匿名係長 投稿日:2017/09/12(火) 15:20:52

ウニオン・ベルリン戦はベンチスタートも、1-1の局面で「チャンスが来ると思った」

今季ドイツ1部アウクスブルクから同2部フォルトゥナ・デュッセルドルフへと期限付き移籍した日本代表FW宇佐美貴史は、現地時間10日に行われたウニオン・ベルリン戦に途中出場し、チームの窮地を救う同点ゴールを決めた。加入早々の一撃について、「準備はできていた」と心身ともに万全だったと語っている。デュッセルドルフの公式サイトが報じた。

宇佐美は移籍期限前日の8月30日、1年の期限付きで加入。代表期間中に行われた9月5日の練習試合トゥル・デュッセルドルフ戦に後半から出場し、FKキッカーを任されるなど猛アピールした。そして迎えた元日本代表DF内田篤人が所属するウニオン・ベルリン戦。移籍後初の公式戦はベンチスタートとなったが、後半23分に同点に追いつかれた際、自分の出番を予期していたという。

「(フォルトゥナが)1-1の同点ゴールを奪われた時、オフェンスの選手として、自分にチャンスが来ると思った。そして、そのチャンスが実際に訪れた。準備はできていた」

宇佐美は後半29分に登場すると、1点ビハインドで迎えた同39分に見せ場を作る。左サイドのロングスローから空中戦が発生すると、ファーサイドにいた宇佐美がタイミングよく走り込んで右足アウトサイドで巧みに叩き込み、2-2の同点弾をゲット。宇佐美のデビュー弾で勢いに乗ったデュッセルドルフは3-2で逆転勝利に成功した。記事によれば、ゴールの場面では、こぼれ球を想定していたという。


コメントを投稿する

  • 名前に「管理人」は使えません。
  • 一字一句全く同じコメントは出来ません。名前が違うと同じコメントでも書き込めます。
  • YouTube動画のURLやimugur画像のURLを入力すると動画や画像が埋め込めます。
    ※imgurの場合は拡張子(.jpeg、.jpg、.gif、.png、.bmp、.gifv、.webm、.mp4)まで入力して下さい。
  • 書籍などAMAZONに存在する場合、画像を埋め込むことができます。ISBN-10とASINコードに対応しています。
    埋め込み方法は、コメント本文に「ISBN-10:○○○○○○○○○○」又は「ASIN:○○○○○○○○○○」と入力すればOK。(※半角英数字のみで入力して下さい)
    (例)ASIN:B06WLM4C82
    この場合は「WORLD SOCCER DIGEST 2017年3月号」の画像が表示されます。


★ 関連トピック ★