フットボールゾーンWeb

“苦い過去”を持つクロップ監督 コウチーニョ移籍騒動に言及「開幕の段階では許されない」

0コメント 2017/08/13(日)20:46:06 Football ZONE WEB

投稿者:匿名係長 投稿日:2017/08/13(日) 20:46:06

過去にレバンドフスキ、ゲッツェを引き抜かれた指揮官は複雑な胸中

プレミアリーグは11日に新シーズンが開幕。リバプールはワトフォード相手に3-3の引き分けスタートとなったが、エース引き抜きの危機に直面している。バルセロナはブラジル代表FWネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍した穴埋めとして、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ獲得に全力モード。しかし、ユルゲン・クロップ監督が絶対に移籍を認めない姿勢だという。英地元紙「リバプール・エコー」が報じている。

コウチーニョもクラブに正式に移籍を要求するなか、クロップ監督はバルサ行きを認めない理由を明かしている。

「私は監督のキャリアで多くの選手の売却を迫られてきた。違約金設定のある選手もいれば、持たない選手もいた。レバンドフスキの時は困難に直面した。彼はバイエルンに移籍金ゼロで移ってしまったのだから。いろいろあるんだ」

同紙の取材に対し、クロップ監督はこのように語っている。

2008年から15年まで指揮を執ったドルトムントでは、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを宿敵バイエルンに引き抜かれて弱体化。2012年には日本代表MF香川真司もマンチェスター・ユナイテッドに移籍するなど、主力流出という運命とともに戦ってきた。それだけに、クロップ監督も思うところはあるようだ。


コメントを投稿する

  • 名前に「管理人」は使えません。
  • 一字一句全く同じコメントは出来ません。名前が違うと同じコメントでも書き込めます。
  • YouTube動画のURLやimugur画像のURLを入力すると動画や画像が埋め込めます。
    ※imgurの場合は拡張子(.jpeg、.jpg、.gif、.png、.bmp、.gifv、.webm、.mp4)まで入力して下さい。
  • 書籍などAMAZONに存在する場合、画像を埋め込むことができます。ISBN-10とASINコードに対応しています。
    埋め込み方法は、コメント本文に「ISBN-10:○○○○○○○○○○」又は「ASIN:○○○○○○○○○○」と入力すればOK。(※半角英数字のみで入力して下さい)
    (例)ASIN:B06WLM4C82
    この場合は「WORLD SOCCER DIGEST 2017年3月号」の画像が表示されます。


★ 関連トピック ★