フットボールゾーンWeb

香川投入後にドルトムントは「まとまった」 海外メディアが周囲との連携を高く評価

0コメント 2017/08/13(日)12:19:38 Football ZONE WEB

投稿者:匿名係長 投稿日:2017/08/13(日) 12:19:38

DFBポカール1回戦の後半途中から今季初出場 米メディアは採点「6」を与える

ドルトムントの日本代表MF香川真司は、12日に行われたDFBポカール1回戦の6部FCリーラジンゲン=アーレ戦の後半16分から、今季公式戦初出場を果たした。4-0と快勝を収めるなかでゴールには絡めなかったが、米メディアでは香川投入後に「(チームが)全体的に少しまとまった」と評価されるなど、好印象を残した。

ドルトムントは前半12分にDFバルトラのゴールで先制。その後、FWオーバメヤンがPKを決めてリードを広げた。後半10分には縦パスに抜け出したオーバメヤンが追加点を決めて3-0。その6分後、香川は3トップの左で先発していたFWシュールレとの交代でピッチに送り出された。

香川はそのまま左サイドに入った。下部リーグのチーム相手に押し込んだ展開だったこともあるが、香川はタッチライン際に張り付くことなく、中央に流れ、上がってきたサイドバックやインサイドハーフと連携しながらゴールに迫るプレーを見せた。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の採点では、香川に平均点と言える6点がつけられているが、寸評では周囲とのコンビネーションについて高く評価されている。

「試合開始からおよそ1時間が経過し、3-0とBVBが十分なリードを持った時にボス監督から送り出された。カガワはファイナルサードで攻撃のトライアングルを作る手助けをしていた。ブラックアンドイエローは、それまでよりも全体的に少しまとまった」


コメントを投稿する

  • 名前に「管理人」は使えません。
  • 一字一句全く同じコメントは出来ません。名前が違うと同じコメントでも書き込めます。
  • YouTube動画のURLやimugur画像のURLを入力すると動画や画像が埋め込めます。
    ※imgurの場合は拡張子(.jpeg、.jpg、.gif、.png、.bmp、.gifv、.webm、.mp4)まで入力して下さい。
  • 書籍などAMAZONに存在する場合、画像を埋め込むことができます。ISBN-10とASINコードに対応しています。
    埋め込み方法は、コメント本文に「ISBN-10:○○○○○○○○○○」又は「ASIN:○○○○○○○○○○」と入力すればOK。(※半角英数字のみで入力して下さい)
    (例)ASIN:B06WLM4C82
    この場合は「WORLD SOCCER DIGEST 2017年3月号」の画像が表示されます。


★ 関連トピック ★