フットボールゾーンWeb

英メディア選出、CLタイトルに縁遠い「名手ベスト11」 史上最高の守護神や怪物FWの名も

0コメント 2017/06/05(月)11:49:48 Football ZONE WEB

投稿者:匿名係長 投稿日:2017/06/5(月) 11:49:48

3-3-4の変則システム、全盛期のパルマで最強ユニットを形成した3人も選出

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝はスペインの名門レアル・マドリードがイタリアの絶対王者ユベントスを4-1で下し、史上初の2連覇を飾った。英衛星放送「スカイ・スポーツ」では欧州最大の栄冠「ビッグイヤー」(CL優勝チームに授与されるトロフィー)に縁のなかった名手ベストイレブンを選出。今年もCLタイトルに手が届かなかった史上最高の守護神や怪物ストライカーなど錚々たるメンバーが顔を揃えている。

3-3-4という変則システムでGKは39歳のユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが選出された。ブッフォンは2003年にACミラン、15年にバルセロナとそれぞれCL決勝で対戦して敗れたが、今回もレアル相手に屈して史上最高の名守護神が悲運を味わった。

3バックは右から元フランス代表GKリリアン・テュラム、中央は西ドイツ代表の闘将、ローター・マテウス、左には元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロが選出されている。3人とも代表ではワールドカップ(W杯)優勝を果たしている。カンナバーロとマテウスに至ってはバロンドールも受賞しているが、CLタイトルとは縁がなかった。ブッフォン、テュラム、カンナバーロは全盛期のパルマで最強のディフェンスユニットを形成し、それぞれ名を馳せた。




★ 関連トピック ★